前へ
次へ

いつもの化粧水がしみたらリペア作業優先で

夏の間に汗をゴシゴシとふいたり、精神的にもハードな日々を送っていた人は、季節が変わったときにバリア機能がかなり低下していて、ピリついたりゆらぎ肌になりがちです。
また、除去系のハードな毛穴ケアなど無理なケアをしていた人も要注意です。
化粧水がピリつくようなら、バリア機能が弱っている証拠です。
その場合は、敏感肌用の化粧水に切り替えましょう。
水分で刺激を感じやすくなっているので、化粧水をやめてみるというのもひとつの方法です。
改善効果の高い敏感肌用の美容液で、まずは弱った角質のリペア作業からスタートしましょう。
美容液の後は、軽いテクスチャーのクリームでフタをします。
つけるときは、一度手のひらに広げてから両頬と額に広くのせて4本の指全体を使って肌にやさしく広げていくことが大事です。
そして、食生活や運動の見直しも必要です。
健やかな肌を守るたんぱく質やビタミン、ミネラルを多くとります。
加えて、経口タイプのセラミドで内から潤いを取り戻していくことも大切です。

Page Top