前へ
次へ

肌のバリア機能を向上するセラミドケア

空気がさわやかだと感じることが多くなったら、湿度が低下してきているサインです。
湿度が高い時期と比べてしっかりと保湿ケアをおこなわないと、肌バリアはどんどん低下していきます。
肌のバリア機能は、外界の大気汚染や花粉、細菌や化粧品類など、さまざまな刺激から肌を守り、同時に肌の水分を内側にとどめる働きをしています。
表皮に皮脂膜、天然保湿因子、セラミドなどの細胞間脂質の保湿因子が十分にあってキメが整っているときに、正常に働くというのが一般的です。
湿度が急激に下がり、汗による肌水分が減少し、外気による水分奪取が起こりやすい季節は特に要注意です。
そこに肌の摩擦が起こると、さらにバリア機能が低下します。
洗顔後の摩擦に気をつけながら、十分な保湿ケアを行っていきましょう。
水分を挟み込んで、保持する特性を持つセラミド配合のクリームは効果的で、セラミドは経口摂取でも保湿効果が得られるので、肌の内外からセラミドケアをおこなうことが大切です。

Page Top